美容皮膚科は埼玉県川越市のゆり皮膚科へ
HOME>AGA治療プロペシア内服

AGA治療プロペシア・ザガーロ・フィナステリド内服

男性の薄毛・抜け毛治療メニュー

AGAによる男性の薄毛・抜け毛が心配な方に育毛剤の内服薬です。
進行性なので早めの治療開始がとても大切です。少しでも気になる症状がある方はすぐにご来院下さい。
当院は一般皮膚科併設ですので、他の要因による抜け毛であったとしても診察・処方可能です。
初回のみカウンセリング料がかかりますが、2回目からは薬代のみです。

先発品のMSD製プロペシアと後発ジェネリック品のファイザー製フィナステリド錠、沢井製フィナステリド錠、東和製フィナステリド錠があり、全て日本製で同成分・同濃度です。
2016年承認のザガーロカプセルも取り扱っております。
どれを内服するかは医師のカウンセリングの後でお選びいただけます。

一般皮膚科の時間にご来院いただくか、お電話での予約も承っております。

 

 

料金表
AGA内服(男性用育毛薬)
施術 料金(税込) 備考
MSD製
プロペシア錠
9,700円 1ヶ月分
(1日1錠30日分)
28,000円 3ヶ月分
(1日1錠90日分)
42,000円 1日1錠
140日分
ファイザー製
フィナステリド錠
8,200円 1ヶ月分
(1日1錠30日分)
24,000円 3ヶ月分
(1日1錠90日分)
36,000円 1日1錠
140日分
沢井製
フィナステリド錠
6,800円 1日1錠
28日分
20,000円 1日1錠
84日分
31,500円 1日1錠
140日分
東和製
フィナステリド錠
5,400円 1日1錠
28日分
16,000円 1日1錠
84日分
26,000円 1日1錠
140日分
ザガーロ 9,700円 1日1錠
30日分
28,000円 1日1錠
90日分

※初回のみカウンセリング代(2,160円)をいただきます。2回目からは薬代のみです。
※沢井製及び東和製は処方日数単位が一部異なっております。

治療の流れ

注意事項

美容治療は症状によっては治療が向いていないこともあります。必ず診察とカウンセリングを受けていただいてから治療開始になります。

日本皮膚科学会にて策定された2010年版AGA(男性型脱毛症)診療のガイドラインですので、参考にして下さい(引用:日本皮膚科学会雑誌平成22年4月号)。

◎ガイドラインの位置づけ(引用元文章のまま)

このガイドラインは、現時点でのわが国における男性型脱毛症の標準的治療試案として作られたものである。個々の患者の治療では、その患者に特有な背景や病態に配慮しながら最適な治療法を提供することが重要であり、このガイドラインは、その一助となるように策定されたものである。したがって、個々の患者への治療選択において、このガイドラインの内容に合致することを求めるわけではなく、また医師の裁量を規制し治療方針を限定するものではないことを明記しておきたい。また、このガイドラインを医事紛争や医療訴訟の資料として用いることは、本来の目的から大きく逸脱するものであり、ガイドライン策定委員会としては容認できるものではない。

◎ガイドライン

Clinical Question 項目 推奨度
AGAにミノキシジルの外用は有用か? 男性の男性型脱毛症 A
女性の男性型脱毛症 A
AGAに塩化カルプロニウムの外用は有用か? C1
AGAに医薬部外品・化粧品の育毛剤の外用は有用か? t-フラバノン C1
アデノシン C1
サイトプリン・ペンタデカン C1
セファランチン C2
ケトコナゾール C1
AGAにファイナステリド内服(プロペシア)は有用か? 男性の男性型脱毛症 A
女性の男性型脱毛症 D
AGAに植毛術は有用か? 自毛植毛術 B
人工毛植毛術 D

※推奨度の分類
A :行うよう強く勧められる
B :行うよう勧められる
C1:行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない
C2:根拠がないので勧められない
D :行わないよう勧められる